50代

ここ数年で更年期という40~50代の女性に多く見られる症状が一般的になって来ました。
それは、認知度が高まり病院にも行きやすくなったからでしょう。それまでは更年期の症状で悩んでいてもそれは治療するほどではない・恥ずかしいとおもってなかなか行かなかったのです。

更年期というと、閉経して「女ではなくなった」というようなイメージがあるかもしれません。
また、すこしいらっとしただけでも「あれ?更年期?」といったことを言われることも少なくありません。

しかし、更年期というのは自然の現象なのです。
年令を重ねて、初経を迎えて閉経も迎えるといったような体の変化があるわけです。
その変化が起こることで、女性の体調にも変化を及ぼすのであります。また、最近わかってきたことでは20~30代の若い女性や、男性でもこのような症状が見られるのであります。

よく見られる症状は、多汗、ほてり、のぼせ、冷え、イライラ、精神的に不安定になったりします。
どれも卵巣の機能が低下して女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなってくることで起こるのであります。

ひとりで悩んで問題を抱え込まずに専門医に相談をしてみてはいかがでしょう。
きっと不安は解消されると思います。






what's new

2012/12/14
改善法を更新
2012/12/14
男性も?を更新
2012/12/14
若い女性も?を更新
2012/12/14
原因を更新
2012/12/14
更年期の症状と向き合うを更新
2012/12/14
ホームページリニューアル